プロバイダのおすすめランキング


毎日がさらに楽しくなるフレッツ光を使ったインターネットの始め方


インターネットは、新聞や雑誌、テレビといった従来のメディアに代わって急速に普及し、私たちの生活に欠かせないものになりつつあります。

わからないことを調べるといった検索機能に加えて、ネットを使って買い物ができるネットショッピングや、世界中から集った面白い動画を楽しめる動画サイトも人気です。

ブログやホームページで情報を発信したり、SNSを活用して遠く離れた友人とのコミュニケーションも楽しめるなど、人同士の交流にも必須のサービスとなってきました。

これらの魅力的なコンテンツは、インターネットの回線を契約するだけですぐに体験できます。

ここでは、パソコンでインターネットに接続するまでの流れを紹介します。


step1・まずはこれを準備!


インターネットで提供されている情報は、世界中に配置されたサーバーと呼ばれるコンピューターの中にあります。

パソコンとインターネット回線さえ準備すれば、すぐにインターネットの情報を楽しめるようになります。

まずインターネット回線については、光回線を選びます。

光ファイバーケーブルによって通信を行う光回線は、通信速度がとても速いのが特徴です。

ネットを使って映画を見るような場合でも、通信速度が遅い回線では画質が悪かったりストレスも溜まりますが、光回線ならきれいな映像を快適に楽しめます。

人気の動画サイトをスムーズに楽しむためにも、光回線が最適のプランと言えます。

光回線に加えて、パソコンなどの端末も必要です。

パソコンは価格が安いエントリー機でも十分楽しめるので、家電量販店やネットショップで好みの製品を選んでください。

ネット回線を提供する業者の中には、キャンペーンでノートパソコンなどを無料でプレゼントしてくれるところもあります。

それらを活用することで、より安くネットを始められます。


step2・インターネット回線を選ぶなら「フレッツ光」がおすすめ!


回線に光回線を選択するのであれば、NTT東日本のフレッツ光がおすすめです。

NTTが全国に用意した回線網を使っているので利用できる地域が広く、回線速度も高速で安定しているからです。

従来多く使用されたADSL回線では電話局から遠くなるほど速度が低下するという欠点がありましたが、フレッツ光なら離れていても速度が落ちることはありません。

都市部以外に住んでいるのでネットが遅くて困っていたという人にもおすすめできる回線です。

光回線は料金が高いというイメージも、回線の普及と利用者が大きく増えたことから過去のものとなりました。

料金面でもお得なプランが次々に登場している上、キャンペーンも豊富なのでさらにお得に利用できます。


step3・充実したオプションと手厚いサポートもフレッツ光の魅力!

◆オプション◆

ネット回線として速いだけでなく、フレッツ光ならオプションやサポートが充実している点も魅力です。

オプションは数多く用意されており、中でも電話料金が今よりさらに安くなることからひかり電話が人気です。

ひかり電話は光回線を使って通話を行うサービスで、加入電話より通話料が安く設定されています。

電話番号を変更する必要もないので導入しやすいサービスです。

またフレッツ光では独自の映像サービスとして、フレッツテレビが提供されています。

フレッツテレビも光回線を使ったオプションの一つで、契約することでアンテナなしでもテレビを視聴できるサービスです。

地デジ放送はもちろんBSチャンネルにも対応しているなど、加入すれば多くの番組を楽しめるようになります。

フレッツテレビはノイズ等もなくきれいな映像を実現しているので、電波状況の良くない地域に住んでいる方にも便利です。


◆サポート◆

フレッツ光ならサポートサービスも充実しているので、ネットやパソコンに詳しくない人でも安心です。

ネット回線が開通した時には通常は自分で設定を行いますが、フレッツ光で用意されているセットアップサービスを利用すれば機器の接続や設定作業まで行ってもらえます。

無線ルーターやプリンタ、さらにはゲーム機をネットに接続するための設定もしてくれるので、開通後すぐにネットを楽しめます。

ネットを使い始めてから困った場合でも、電話で遠隔サポートしてくれるサービスがあるので安心です。

このサービスは一般的な電話によるサポートに加えて、オペレーターの遠隔操作によっても解決してくれるので、電話だけではわかりにくいという時に役に立ちます。

サポートの内容は幅広く、インターネット接続に関することだけでなく、パソコンやプリンタ、さらにはソフトウェアを使っている上での困り事にも対応しています。

無線LANの設定やスマートフォンの接続などネットを使う上では難しいことも多いので、初めてインターネットを楽しむ人には非常に頼りになるサービスです。

このようにフレッツ光は多くのメリットを持っていることから利用している人の割合を示すシェアも高く、多くの人に選ばれているのです。


step4・フレッツ光のサービスプランどっちを選ぶ?

NTT東日本のフレッツ光には、フレッツ光ネクスト、Bフレッツ、フレッツ光ライトの3つのサービスプランがあります。

このうちBフレッツはサービスが終了したので、これから契約するのであれば他の2つのうちどちらかを選ぶことになります。


◆フレッツ光ネクスト◆

それぞれ特徴があるのですが、とにかく速いネット回線が欲しいというのであればフレッツ光ネクストがおすすめです。

フレッツ光ネクストは、理論上の通信速度が最大で1Gbpsにも達する高速回線プランです。

安定した速さのハイスピードタイプとさらに速さを追求したギガラインタイプが提供されており、それぞれ月々の料金や利用できる地域が異なります。

使用環境によっては速度が変化することもありますが、帯域に余裕があるプランなのでゲームアプリケーションや高画質動画のダウンロードにも適しています。

Wi-Fiルーターを接続することでタブレットやスマホもさらに速く使えるようになるなど、家族みんなでネットを楽しむのに便利なプランです。

戸建てプランと集合住宅プランが用意されているので、住まいに合わせたプランを選んで契約します。


◆フレッツ光ライト◆

もう一つのフレッツ光ライトは、光回線をより気軽に使えるよう提供されているプランです。

その特徴は基本料金が安く設定されている点にあり、それほど使わなかった月は出費を大きく抑えることができます。

普段からネット閲覧やメールぐらいしか使わないが光回線の速さや安定性を体感したいという人に最適なプランです。

通信量が多くなってしまった月でも、上限の料金が定められているので際限なく高くなるということがなく安心して利用できます。


◆まとめ◆

これらの特徴を考慮すると、ネットをたくさん使いたい人や、家族みんなで楽しみたいという場合にはフレッツ光ネクストを選ぶのが良いでしょう。

一方でそれほどネットを使わない人や、お得な光回線プランを探しているならフレッツ光ライトがぴったりです。


step5・プロバイダ選びの4つのポイント


どのサービスプランを選ぶか決めたなら、次にプロバイダを選択します。

プロバイダとは、インターネットに接続するための窓口を用意してくれる事業者のことを言います。

インターネットを始めるには、通信回線であるフレッツ光を契約し、さらにそれに接続するためのプロバイダを契約するという手順で行います。

フレッツ光に対応しているプロバイダは300社以上とたくさんあり、それらの中から自由に選ぶことができます。

しかしとても多いので初めてネットを契約する人は迷ってしまうかもしれません。

そこでプロバイダ選びで知っておきたいいくつかのポイントを紹介します。


◆料金◆

最初に、プロバイダの利用料金で選ぶ方法です。

同じフレッツ光に接続できるプロバイダでも、事業者によって月額料金は異なります。

少しでも安く抑えたいのであれば、事前に月額料金を比較して最も安いプロバイダを選ぶようにします。

この時、プロバイダパックが用意されているのであれば、そこでの割引率も計算に入れます。

プロバイダパックとは、フレッツ光とプロバイダとの契約を同時に申し込めるプランです。

回線とプロバイダを別々に申し込む場合に比べると、料金設定が安いのが特徴です。

12か月や23か月といった一定期間に渡って利用することが条件となっているため、一度選んでしまうと頻繁に替えることは難しいという側面もあります。

しかし今の住まいに住み続けることがわかっている人には確実にお得になるプランですし、請求が一緒にまとめられるという利点の多さが魅力です。

プロバイダを選ぶ際には、直接その事業者のホームページから契約する方法以外にも、ネット回線の比較サイトを利用する方法もあります。

比較サイトとは各ネット回線やプロバイダの料金について一覧でまとめていて、料金や特徴を確認しやすいサイトです。

そのサイトを通じてプロバイダを契約すると、現金やギフトカードによるキャッシュバックがもらえるので非常にお得になります。


◆サポート◆

安いだけではなく安心して使えるプロバイダを選ぶために、サポートの充実度を重視する方法もあります。

ネット回線の接続設定は、パソコンに詳しい人でも難しい作業です。

特に無線ルーターを使ってスマホやゲーム機をつなぐ作業は、どこで問題が起きているのか判別するのも難しく初心者の方には難関と言われています。

これらの面倒な作業について、サポートサービスを充実させているプロバイダが増えています。

電話でのサポートに加えて自宅を訪問して設定してくれるプロバイダもあるので、それらの便利なサービスが提供されているか確認して契約すると、後々役に立ちます。


◆安定性◆

ネット回線の安定性を重視してプロバイダを選ぶことも、意外に重要です。

光回線は24時間安定してサービスが提供されていますが、利用者の増加にともなって通信障害が起こることもあります。

運営の優れたプロバイダならそうしたトラブル時にもすぐに対処してくれるなど、高い安定性が期待できます。

事業者によっては通信量で速度規制を行うところもあるので、細かな注意書きや評判を調べるなどして安定して使えるかどうかも調べておくようにします。


◆サービス◆

各プロバイダによって用意されているサービスも違うので、使いたいサービスがあるかも確認しておきましょう。

メールサービスを例にあげると、メールアドレスをいくつも無料で用意してくれるプロバイダがある一方で、数が制限されていたりメールサービス自体が用意されていないところもあります。

ネットを始めたらホームページやブログで情報発信するのも楽しいものですが、これらについても無料で使えるプロバイダとそうでないところがあります。

サービスの違いはプロバイダの特色ともなっているので、よく調べてから決めるようにします。


step6・申し込み・工事


希望するプロバイダを決めたなら、申し込みの段階に進みます。

申し込みはプロバイダのホームページの他、家電量販店などでも受け付けているので、パソコンがない場合でも安心です。

申し込みの際には利用者の住まいなどの情報の他に、工事を行う日の入力が求められます。

申し込んでから実際に工事が行われるまでには数週間が必要なので、それを考慮して工事希望日を指定します。

工事は事業者内での接続作業に加えて、自宅での光ファイバーケーブルの引き込みや光コンセントの設置なども行われます。

光ケーブルの引き込みは電話線用の設備を利用して行いますが、場合によっては壁面に穴を開けるなどの作業も必要になります。

事前にどこに接続機器を設置するのか家族内で決めておきましょう。

なお接続機器となるWi-Fiルーターを動作させるには電源が必要になるので、コンセントの近くを指定するか電源タップを用意しておくのがおすすめです。

工事の作業は全部で1時間程度で完了します。


step7・苦手な初期設定もらくらく安心!


工事を終えるとすぐにインターネットが使えるかというと、必ずしもそうではありません。

というのも使っているパソコンにフレッツ光用の設定を行い、ケーブルを接続するなどした上で初めてつながるからです。

ここからの設定作業は、通常であれば利用者がマニュアルなどを読みながら自分で行います。

自動で設定が行えるセットアップツールも用意されているので、問題がない限り簡単に設定作業を終えることができます。

一方でパソコンの経験がまだ少ない方は、自分で設定作業を行うよりもサポートにお願いしたほうが無難です。

フレッツ光ではセットアップサービスが提供されており、それを利用することで担当者に設定作業をお願いすることができます。

これはオプションになるため別料金が加算されますが、ネット接続設定だけでなく無線ルーター等のネット機器、さらにプリンターや外付けハードディスクなどの周辺機器の設定も行ってくれます。

このサービスをお願いすればネットだけでなくパソコン関連の初期設定が全て完了するので、新しいパソコンを買ったが使い方がわからないという人におすすめです。


step8・高速インターネットを思いっきり楽しもう!


こうして光回線の工事と機器関連の設定を終えることで、高速インターネットを体感できるようになります。

フレッツ光は速い回線速度と高い安定性を誇る、使いやすいネット回線です。

仕事に使えるのはもちろんのこと、映画やドラマ、音楽といった様々なもエンターテイメントも快適に楽しめます。

初めてインターネットを楽しむ人だけでなく、ADSLからさらに速い回線へ乗り換えたい人など、誰にでもおすすめできるサービスです。



安心して使えるプロバイダを選ぶには十分な比較が重要ですよ!

インターネットを楽しむためには、ネットワークに接続するためのサービスを提供してくれるプロバイダを選んで契約する必要があります。

現在プロバイダの数は非常に多く存在しており、それらの中から自分に合った業者を選べる状況が整っています。

しかしサービスの数が多いことから、どれを選ぶべきかわかりづらいのも実情です。

そのような際には、いくつかの点についてしっかりと比較することでベストなプロバイダを選ぶようにしましょう。

まず真っ先に比較すべきは、そのプロバイダを利用した場合の料金です。

一か月間では料金が安いといっても、長期間に渡って使い続けるとかなりの額を支払うことになります。

そのためプロバイダを選ぶ際には、少しでも安いところを探すのが重要です。

インターネット上にあるプロバイダの比較サイトを参考にすれば、安い業者を簡単に見つけられるのでおすすめです。

次に比較すべき条件は、プロバイダの安定性です。

料金が安いと言っても、メンテナンスやトラブルが多いプロバイダでは安心してインターネットを楽しむこともできません。

届いているはずのメールが読めなかったり、ダウンロードに失敗することも多くなるからです。

これについても比較サイトや掲示板を参考にして、利用者の評価やレビューの高いプロバイダを選ぶようにするといいですよ。